スキンケアはもう要らない
ホーム > 生活 > 私のわきがの治し方といえば外国製のデオドラントを使う事でした

私のわきがの治し方といえば外国製のデオドラントを使う事でした

私のわきがの治し方といえば外国製のデオドラントを使う事だったんですよ。わきがと聞くと、私も含め、みんな嫌な顔をします。

わきがの原因は、アポクリン腺から出る汗が皮膚の表面にある細菌によって酸化し、あの独特の嫌な臭いを放つと言われますが、原因がどうれあれ、臭いはキツイものです。

私の経験上、遺伝や臭いがうつるという事もあると思います。

私は、父がワキガで姉や私も遺伝したと思います。

(兄は、羨ましくワキガではありませんでした。)よく、思春期の頃から母からのアドバイスで、脇は清潔に保ちなさいと言われ、汗をかいたら濡れタオル等で拭いて、デオドラントは、かかせませんでした。

でも、そのデオドラントも段々、効かなくなってしまうんですよね。

いろんな商品を試しましたが、数年前からは、アメリカ製の商品を使用しています。

何故って外国人の方って日本人より体臭が強いので、わきがの人も多いらしく、香水にしろ外国製は匂いが強いこともあり、今はこの商品で満足しています。

スティックタイプのものですが、沖縄は、外国文化も根付いているので、スーパーに普通に出回っていますよ。それだけではなく、衣服にも注意しています。

肌着は必ず着用します。

それも綿製品に限る。

直接、脇の部分の汗を吸い取ってくれるので、上着に臭いもつきません。

洗濯前には、必ず固形石鹸でゴシゴシしてから(他の洋服に移らないように)、あとはほかの洗濯物と一緒に洗濯機で回します。

ポリエステル製品は、ほとんど着ませんよ。

これ来てる人、結構ワキガの臭い放っていますから、手術となるとお金もかかりますし、大変ですけど自分の事、磨き上げるためには努力です。

口臭と同じであまり気にしない方が、臭いも症状も和らぐと思います。

とりあえず、わきがには、清潔にしてあげる事がいいって事ですね。

わきがの治し方といえば